建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


帯筋(おびきん)
フープ(ふーぷ)
 鉄筋コンクリート造においては、にかかる曲げなどの引張にたいしては、主筋とよばれる鉄筋が負担する。その主筋がバラバラになったり、剪断により破壊しないように、取り巻いているのが帯筋である。

 剪断補強筋の一種であり、帯筋はフープともよぶ。10ミリ程度の細い鉄筋で、主筋を取り囲むように配置される。帯筋の太さや間隔は設計図書による。

 なお、に配置される剪断補強筋は肋筋(あばらきん)という。
広告
TAKUMI Amazonへ