建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


拝み(おがみ)
 左右の破風板が出会うもっとも高い部分のことで、拝みの部分は垂直に接合されている。

 拝みの部分は、矢切から出っ張っているので、鬼瓦などがのって荷重がかかると、棟木が下がりやすい。棟木が下がると、拝みの下部が開きやすいので、上部を1〜2ミリ程度すかして納めるとよい。
 なお、木材を破風板につかうと、木が縮んで同様に上部がすく。防火地域では不燃材を使うので、下の写真のようになる。
広告
TAKUMI Amazonへ