建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


塩害(えんがい)
 塩分により建物などに被害・損害がでること。

 塩分を含んだ風により、電気設備 デッキプレートなどの鉄部、また鉄筋コンクリートなどが損害を受けることを、塩害という。
 鉄筋コンクリートにあっては、コンクリートに生じたクラックから塩分が侵入し、内部の鉄筋を錆びさせてコンクリートの剥落へと至る。

 下の写真のように、剥き出しの鉄部は塩害を受けやすいので、塗装をまめに繰り返すなどの対策が必要である。また、建築にあっては、建築にあっては、錆止め(塗装)を施したり、錆びにくいステンレスを使うなどの対策が必要である。
広告
engai
TAKUMI Amazonへ