建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(えだ)
 樹木の幹から分かれて葉をつけている部分。

 樹木は地面から幹がのび、幹から分かれた茎に葉をつけている。枝につけた葉が光合成をおこなって樹木の命を支えている。

 枝が幹から分岐する部分は、となっており、枝を支える基礎である。幼木のうちに枝打ちすると、そのあとを樹皮がくるんで、外見上は枝も節も見えなくなる。

 樹皮と埋まった節のあいだを製材することによって、無地(=無節)の材木が生産される。
広告
eda
TAKUMI Amazonへ