建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


煙突(効果)(えんとつ:こうか)
 物を燃やしたときにでる有害な気体を、屋外に排出するための長い筒状の工作物を煙突という。

 温度差による上昇気流の原理で、排気を上方にみちびき、大気中に排出させるもの。煙突の高さが高いほど、誘引力が強く排出効果が高い。

 上記の原理を建築に応用し、建物の上部と下部に開口部をもうけ て、室内の上方への通風をはかることがある。温度差を利用するパッシブな環境計画の典型例で、地表面と屋根面での温度差が大きいことから、毎時数回の換気回数が期待できるだろう。これを煙突効果と呼んでいる。

 逆に吹抜け階段・ダスト・シュートが、煙突の役割を果たしてしまい、1階の部屋が寒く、2階の部屋が暑くなることもある。吹抜けなどの計画には注意が必要である。
広告
彰国社「パッシブ建築設計手法事典」から