建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


延焼の恐れ(えんしょうのおそれ)
 木造住宅にとって、何よりも火災が大きな弱点で、近隣からのもらい火が恐ろしい。そこで建築基準法は、<延焼の恐れのある部分>を特定し、その部分の防火性能をとくに高く規定している。

 1階では、隣地境界線(道路中心線)からメートル以内
 2階では、       〃               〃

を<延焼の恐れのある部分>として、外壁であれ ば防火構造を、開口 部には乙種防火戸の設置を要求している。そのため建築確認につかう配置図には、点線で延焼の恐れのある部分を表現することが多い。
広告
学芸出版社「建築基準法」から
TAKUMI Amazonへ