建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


縁側(えんがわ)
 日本の住宅にみる通路で、建物の外周部に張り出して設けられた、板敷き状の場所である。

 多くは南側に設けられ、内部でもなければ外部でもないという、曖昧な空 間である。雨戸より内側の雨はかからない部分で、同じ目的 でも雨戸より外だと濡れ縁と呼ばれることが 多い。庭など外部から直接屋内に上がる用途ももつ。床板は長手方向に張らずに、木口が外部に向くように張るのを定法とする。

 最近の洋風建築では、ベランダとかポーチといった名前で呼ばれることもある。

参考=靴脱ぎ石入側
広告
TAKUMI Amazonへ