建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


エマルジョン塗料(えまるじょん とりょう)
 合成樹脂エマルジョン・ペイントのこと。アクリル樹脂が入ったものを使うことが多く、AEPと略記される。

 エマルジョンとは分散系溶液のことで乳液状のものをいい、アクリル樹脂を用いて製造された、アクリル樹脂入りの塗料がおおい。
 水で希釈でき、塗布後は水の発散によって固化し、表面にはほとんど光沢のない被膜を作る。艶有りもある。
 無機質系下地の壁、天井に対して、最も多く使用されている。現在室内に塗られるのは、ほとんどエマルジョン塗料になっている。
 水に溶けない合成樹脂を極小の微粒子として、水中に分散させた合成樹脂エマルジョンに、顔料や添加剤を加え配合したものが、合成樹脂エマルジョンペイントである。1種は主に外部用、2種は内部用として使用される。

 水溶性のため、水でうすめることができ、溶剤系より安価である。不燃性で、不快臭や毒性がない。また、塗りやすく、刷毛、ローラーなどによって簡単に使用できる。しかしペンキなど溶剤系の塗料に比べると、接着性が弱く耐水・対候性に劣る。
広告
TAKUMI Amazonへ