建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


エキスパンション・ジョイント
(えきすぱんしょん・じょいんと)
 膨張・収縮に備えて設けた緩衝のための接合部、もしくは接合部に設置する部材のこと。

 コンクリートや鉄は、温度の上下によって膨張や収縮するが、全体が 同じように伸縮するわけではない。大規模な建築物や擁壁などは、伸縮に追従で きない部分が生じ、それがヒビとなって表れることがある。また長い建築物では、左右で異なった力がかかり、歪みが入る ことがある。これを防止するために、初めから構造的に分割す ることによって、力を分散する。こうした接合部をエキスパンション・ジョイントと呼ぶ。エキスパンと呼ぶことが多い。

 構造的に分断した上に、金属製の部材をかぶせて、雨漏りなどがないようにしている。また、擁壁ではゴム製のジョイント部を設ける。
 エキスパンション・ジョイントを設けると、その部分で構造的に分割されているが、意匠的には連続しているものとなる。
広告
屋根用のエキスパンション・ジョイント金物
床用のエキスパンション・ジョイント金物
TAKUMI Amazonへ