建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


裏目(うらめ)
 差し金の裏側に記された目盛りのこと。

 裏目は表目に√2(ルート2)を掛けてあるので、正方形の対角線の長さが測ると、辺の長さがわかる。下の図は、寸や分をつかった金尺の差し金の目盛りだが、メートル尺の差し金でも同じように、表目に√2(ルート2)を掛けた目盛りが切られている。 
 裏目を使うことにより、数字で計算しなくても隅角部の墨付けができる。
広告
上から表目、裏目、角目
「花泥棒」から