建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


裏込め(うらごめ)
 擁壁などの背面に、栗石や砂利のように透水性の良い材料を詰めること、もしくは詰められたものを裏込めと言う。

 裏込め材は、擁壁や石積みの背面の水抜きをよくして、擁壁にかかる土圧をへらす効果をもつ。そのため、充分に転圧して敷き込むことが重要である。また、石積みでは、裏込めにより、石と石との噛み合いの馴染みをとることによって、石積み全体の安定性をます働きがある。
 大雨が降ったあと、水抜き穴から水がでていないときは、土圧が高くなっている可能性がある。
広告
井上書院「基礎」から