建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


埋め樫(うめがし)
 などの軟材を敷居につかったとき、敷居の溝のなかに、摩滅防止のために堅木を埋め込む細工、もしくは埋め込んだ材のこと。

 樫の木を使うことが多かったので、埋め樫というようになったが、桜なども硬くて滑りが良いのでよく使われた。
 下図の (a) は断面にした部材を、木口から溝に差し込む仕事で、最も確実な方法である。
  (b) は埋め込む材料を木殺ししておき、納めてから水で湿気を与えて固定する方法である。
 (c) は接着剤で貼って固定する方法である。

 今では、敷居滑りが使われている。
広告
理工学社「建築の造作図集」から