建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


裏押し(うらおし)
 鉋(カンナ)鑿(ノミ)の裏側の刃先がなくなったときに、刃先を付けるために、金盤(板)のうえで研ぐ作業のこと。

 鉋の場合は、刃先を叩いてから裏押しをするので、裏切れを回復する作業を裏出しということが多い。それに対して、鑿はベタ裏を良しとし、刃先を叩くことはせずに、金板の上で押すだけで裏切れを直す。そのため、裏押しは鑿について良く当てはまる言葉である。
 下の図は、鉋の刃の裏押しである。刃と一緒に細木を握って、金剛砂を敷いた金板の上で、ゆっくりと前後させて裏出しをする。

参考=糸裏
広告
TAKUMI Amazonへ