建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(うら)
 樹木が立っていたとき、上部になっていたほう。ウラっぽなどと呼ぶ。

 木材は製材されてなどの角材になると、上から下まで同じ太さになって、立木だったときの上下が判らなくなる。しかし、製材された後でも、立木のときの形状や性質は残っており、年輪は根本のほうが広く末に行くに従って狭くなる。

 上下を反対にするのは逆柱といって、強度も落ちるし嫌われている。そのため、末を上に使うのを定法とする。

参考=(もと)、行き会い継ぎ
広告
TAKUMI Amazonへ