建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


打ち継ぎ(うちつぎ)
 コンクリートを連続して打たない部分、たとえば、1階と2階などの境が打ち継ぎになる。

 打ち継ぎ面は、汚れやゴミを採って水洗いした水を除いてから、コンクリートを打設して上階を連続させるが、コンクリート自体は一体化しない。一度硬化したコンクリートは、後から打設したコンクリートとは一体化しない。つまり、1階と2階のコンクリートは乗っているだけで、一体化したものではなく鉄筋がつないでいるだけである。
 また、コンクリートはミキサー車で運ばれてくるので、ミキサー車の到着間隔があくと、打ち継ぎの筋が残ってしまう。これをコールドジョイントとよび、好ましくないコンクリートの仕上がりである。
 下の写真は階の打ち継ぎ部で、水平に目地が入っている標準的なものである。目地棒を入れて窪ませた打ち継ぎ部にコーキングを打て仕上げている。
広告
TAKUMI Amazonへ