建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


浮き型枠(うきかたわく)
 コンクリート構造では、壁など垂直部分の型枠ベースコンクリートや、床のうえに立てるのが原則である。しかし、ベースコンクリートと同時に、立ち上がり部分のコンクリートを打設するためには、型枠を空中に浮かせて固定しなければならない。こうした下が付いていない状態の型枠を、浮き型枠と呼ぶ。

 下の図の左側は、左側の型枠は浮き型枠ではないが、右側が浮き型枠になっている。右側のようなコンクリートを打設する場合には、両 側が浮き型枠になる。基礎立ち上がりように背(成)の低い部分に使われる。

 浮き型枠は固定するのが難しく、コンクリートの通りが悪くなりがちである。
広告
TAKUMI Amazonへ