建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


囲繞地(いぎょうち、いにょうち)
 民法上の規定で、袋地を取り囲んでいる土地のこと。地役権とは違う概念である。

 まったく道路に通じない土地を袋地といい、公道に至るために、袋地を取り囲んでいる囲繞地を通ることができると、民法210条に定められている。

 袋地の所有者は囲繞地の所有者に、下の図の空色のように、必要最小限の通行権を主張できる。ただし、通行料を支払わなければならない。

 囲繞地通行権の対象になるのは、建築基準法接道(義務)を満たすほどの幅員ではなく、人が通れる90センチ程度の小道である場合が多い。

 分筆によって袋地が生じた場合には、分筆前の土地にたいしてのみ、無償で囲繞地通行権を主張できる。
広告
igyou
TAKUMI Amazonへ