建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


入母屋(いりもや)
 屋根の形の一種で、切り妻寄せ棟が合体したような形をしている。

 お城や社寺建築で使われ、古くからの和風建築では高級な屋 根とされた。で葺く場合が多いが、コロニアル葺きの入母屋も軽い感じで風情がある。切り妻屋根と違って、複雑な屋根形状になるので、瓦を葺くのが大変に難しくなる。
 一般に重厚なイメージがあるが、重厚さは入母屋形式が決めるのでは なく、屋根勾配と屋根葺き材によって決まる。また、入母 屋屋根では起り(むくり)や反りといった 曲面が使われることが多いので、施工が難しくなっている。屋 (矢)切小平が取りあう部分の雨仕舞いに注意が必要である。
広告
三角の矢切(白い部分)が入母屋屋根の特徴
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ