建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


稲子(いなご)
 真物の幅広天井板を使うと、湿度の変化に応じて伸縮したり暴れたりする。重ねた部分が反ったりしないように、2材を連結するための小さな木(竹)を稲子という。

 稲子は片方の板にだけ固定されて、相手方の板は上から押さえているだけなので、幅が伸縮しても外れることがない。稲子をつかった場合、錐で一回り大きな穴をあけた上で、天井板を釘打ち固定しないと、釘の部分から板割れする。
 天井板の両方に細工をしたものを本稲子、片方に接着したものを付け稲子といい、金物をつかった場合は金物稲子と言った。

 ベニヤの貼り物やプリントの天井板が、主流になってしまったので、板の伸縮を考慮する必要がなくなり、稲子をつかう仕事は絶滅した。
広告
理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ