建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


位置指定道路(いちしていどうろ)
 住宅などを建築するための敷地は、2メートル以上の接道義務があるが、敷地に接する道路がない場合、建築基準法による「道路位置指定」の申請書を提出して、道路としての認定を受ける。
 道路位置指定を受けると、道路として扱われて建築が可能になる。道路位置指定を受けた道路を、位置指定道路という。
その要件は、
1.幅員が4m以上であること
2.道路形態・道路境界が明確であること
3.原則として通り抜け道路であること。行き止まり道路である場合はその延長が35m未満であること。
である。 

 位置指定道路は、道路法により定められた公道ではなく、建築基準法(第42条第1項5号)に定義された道路であり、あくまで私有である。そのため、近隣住民の共有であったりして、複雑な問題をはらみやすい。また、新たに位置指定を受けるには、道路造成が必要だったり、共有者全員の印鑑証明が必要であるなど、厳しい条件がある。
広告
TAKUMI Amazonへ