建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


イスカ(いすか)
 鳥の名前から転じて、鳥がくちばしを広げたような形のことをいう。建築では下記のように、形が似ている状態に対して使われている。

 @遣り方の上部を、<いすか>に切っておくと、上部から力が加えられると捲れ上がるので、杭が動いたかどうかわかる。矢筈(やはず)に切っても同じ効果がある。

 A両方からくちばしを咬み合わせるようにした、細長い木材のつなぎ方。なお、全面が斜めの継ぎ目になる、隅いすかは化粧になる場合に用いる。いすか継ぎは、天井竿縁(さおぶち)などに用いられたが、最近では手間が高くなったので長い材料を用いて、継手を作らないことが多い。
広告
遣り方杭の頭
理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ