建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


生き節(いきぶし)
 養分が通って、周囲の木材質と一体化していたで、削れば艶がでる。また、節の文様も美しい。

 節とは枝を支える基礎のようなもので、立木の幹のなかへと枝の延長部分が伸びている。大風で折れたり、何らかの事情で枝が枯れると、節も死んで死に節となる。しかし、枝が生きている限り、それに対応する節も生きている。

 若木のうちに、人工的に枝打ちをしてやると、樹木が生長して枝の後を覆っていく。そのため、下の図のAのように、枝打ちした後でも、節はのこって木材の一部となる。

 枝打ちしてしまえば、節は外からは見えなくなる。しかし、内部には残っているから、製材したときに生き節として表れてくる。
 
反対語=死に節
広告
金竜堂「建築雛形」から
TAKUMI Amazonへ